薮 伸太郎/西日本ハンバーガー協会

記事一覧(34)

ハンバーガーリポーター「はるにぃ」のプロデュースをスタート

「ファミリーマート」で5月からお客さんが自分で作るハンバーガーを実験販売

3/13に発表されたニュースによると、コンビニエンスストア「ファミリーマート」で、お客さんが自分で作るできたてのハンバーガー「ファミバーガー」を、5月から実験販売するらしい。販売は関東地方の約50店舗だけみたいなので関西在住の僕はガッカリだが、ハンバーガー業界が文字通りホットになることはとても喜ばしいこと。「ファミリーマート」で販売されているファミチキなどを、専用のバンズとソースに挟んで食べるということなので、「ローソン」のエルチキをエルチキバンズに挟んだエルチキバーガーみたいなものだと思う。違うところはソースがあるところか。「ローソン」のエルチキバンズは油でベタベタになってしまうエルチキをバンズに挟むことできれいに食べられ、またバンズ自体がほのかに甘味があり、とてもチキンにマッチしていた。ファミバーガーシリーズのバンズがもしフワフワ系のほかハード系などいろいろ選べるタイプだったら、最強の組み合わせができて楽しそう。こういう企画はきっとお客さんが色自分なりのカスタマイズをするのが楽しいので、ファミリーマートで売られているいろんな商品を挟んでハンバーガーにすることが盛り上がりそうだ。関西でも販売される日が来ますように!

「バーガーEXPO」に西日本ハンにゃんバーガー協会の顔ハメ看板が登場

観光地に行くと必ずやりたくなるのが、「顔ハメ看板」。各地のゆるキャラや武将など、数々の顔になって写真を撮ってきた。いつか自分も顔ハメ看板を作ってみたい。そんなことを思って10数年、ついに夢がかなう時が!3/24(土)、25(日)に大阪・万博記念公園で開催の「バーガーEXPO」にて、西日本ハンバーガー協会特製の顔ハメ看板がついに登場することになったのだ。かねてより、バーガーイベントには何かシンボルになるものを置きたいと思っていた。今回のイベントは「ロハスフェスタ」でおなじみのシティライフさんが主催なので、当日の会場装飾について尋ねてみると、いろんなフォトジェなアイテムを考えてくださっていた。ではその会場に「顔ハメ看板」を配置してみてはどうだろうかと思うといてもたってもいられなくなり、すぐにシティライフさんに電話していた。もちろんお金はかかったが、いま作らなければ一生作らないかも知れなかったので悔いはない。苦笑いしながらゴーを出してくれた寺川理事長に大感謝である。デザインはLINEスタンプで「西日本ハンにゃんバーガー協会」を作って頂いているminamuさんにお願いした。スタンプの中でも特に人気のデザインを配置して、それぞれに顔が入れられるようにしてもらった。イベント当日、ハンバーガーを食べて、記念に顔ハメ看板で写真を撮ってくれたらとてもうれしい。ぜひ「バーガーEXPO」でステキな思い出を!